教育理念・教育方針

幼児期は、生涯にわたる人間形成の基礎を培う時期であり、特に心の教育が最も大切です。
個々の成長を考慮し、けっして焦ってはなりません。
このことを常に念頭において、日々の保育を行っています。

1.心身の健康

  • 気力のある子に
     (がんばろうとする気持ち)
  • 優しい子に
     (人を思いやる気持ち)
  • けじめのある子に
  • 最善の判断ができる子に
  • 薄着の習慣、体操、マラソン、乾布まさつ
     リズム運動を取り入れている
  • 足型検査
     土ふまずの形成チェック
     (最近の子どもは転びやすい、転んでも
     手をつけない)

2.もっと遊ぼう!

  • 遊びの中から学びとる
  • チャレンジする
  • 自分で発展させる
  • 砂場は宝の山

3.明るくのびのびと園生活を楽しもう

  • 子どもらしく
  • 達成感を味わう
  • 元気いっぱい