先生紹介

教職員の研修紹介

学校法人白水学園 くすの木幼稚園の視察を終えて①

2018/06/26

6月22日、白水学園くすの木幼稚園に研修に行かせて頂きました。

園舎に入ると、先生方や子ども達が「おはようございます!」と大きな声で挨拶をしてくれて、とても明るい印象を受けました。
全体の集まりから、絵画、かけっこ、歌、レスリングなど様々な保育を見せて頂きましたが、どの活動においても子ども達が自発的に大きく覇気のある返事や挨拶をし、先生に言われるからではなく自分たちの意思で、真剣に取り組み、迅速に離合集散を行っている姿に圧倒されました。また、子ども達自身に遊びと活動のメリハリをつけることが身に付いており、先生が前に立つとすぐに切り替えて、しっかりと集中し先生のお話を聞いている姿も多く見られました。子ども達の活動への集中力はどのようにして保たれているのか、と考えたとき先生方の保育のスムーズな進め方や工夫によるものだと感じました。
 全体的に保育に無駄な時間がなく、テンポよく次々と活動をすることで「今、何の時間か?」という間がなくなり、結果として子ども達の集中力持続に繋がっているのだと思いました。また、先生方も覇気のある話し方、挨拶をすることで子ども達のお手本となり、子ども達が「今は頑張る時間なんだ」と自分で気付くことができるようにしてあるのだと感じました。
 研修に行かせて頂き感じたこと、考えたこと、真似したいと思ったこと、実際にくすの木幼稚園の先生と話をして教えていただいたことを活かし、無限の可能性を信じ子ども達が「幼稚園が楽しい!」と今以上に思えるように、努力していきたいと思います。

そら4くみ 荒川美由紀